トピックス

No.39 政令市初!私たちが提案した学校給食費条例が実現!! (2011年1月号)

2010年1月、私は仲間の議員と共に給食費を横浜市が集める、いわゆる給食費の公金化を目的とする条例を議員提案しました。紆余曲折ありましたが、このたび、無事に条例が可決となり、条例の中に給食費が明記される、政令市初の学校給食費条例が出来ました。学校給食費の公金化は今後、全国的な動きになっていく中で、横浜市が全国に先駆けて、しかも議員の提案によって実現できたことになります。本号では給食費条例の詳細と、裏面では開国博Y150について議論を報告します。   横浜市での給食費未納額は年間で約3000万円。対象者は1437人、未納者率は0.75%です。この未納金、実は横浜市が回収出来ません。なぜなら、学校給食費を集めているのは校長先生とPTAだから、です。地方自治法に照らし合わせた時、... 続きを読む

まずは地方自治法

統一地方選挙から早いもので2年が経過し、折り返し地点を迎えました。この間、私なりに精一杯、取り組んできたつもりではありますが、当然、反省点もたくさんあります。 本当は手掛けたかったのに手つかずになっている案件がいくつもあります。そのうちの1つが地方自治法の勉強。地方自治体にとっての基本法であり、まず、この法律にある程度精通することが議員にも求められます。今、専門家の手を借りながら、都市計画法や建築基準法の勉強をしているのですが、その際に地方自治法を避けて通れないのです。 行政のチェックを果たしていくためにも必要です。この2年間、その必要性を痛感しながらも、なかなか手がつけられませんでした。今回、ようやく、自治法の勉強に着手できました。日々の活動と並行しながらの独学なので、歩み... 続きを読む

議員報酬の削減がパフォーマンス??

無所属クラブで議員報酬の削減を求める請願を提出したことは先日のブログで報告した通りです。この件について、とある市会議員より「パフォーマンスだ」という指摘があったとのこと。私にはその意味がまったく分からないので、ここで明らかにしておきたいと思います。 件の議員によると「通るはずもない請願を提出すること自体がパフォーマンスだ」ということです。大都市横浜であっても、所詮、市会議員とはこんなレベルなのです。民主主義のなんたるかがまったくもって理解していないことを自ら吐露してしまっています。 なぜ、通るはずがないと言いきってしまうのでしょうか、理解に苦しみます。心ある市会議員が半数以上いれば、現在の経済状況を受けて議員報酬を削減しようとなるはずです。あるいは言い方を変えれば、議員報酬の... 続きを読む

議員報酬削減を求める請願を提出

報告が遅くなりましたが、2月9日(月)に無所属クラブ7名の議員連名による請願を提出しました。内容は議員報酬の10%カットを求めるもの。昨今の経済状況を受け、産業界では正に聖域なき見直しが行われ、正社員も含めた賃金カットに踏み切っています。議員だけが無風というわけにはいかないだろうということで、今回、議員報酬の削減を求めることにしました。 念のために断っておきますが、今回の議員報酬の削減は議員定数削減の議論とはまったく別個のものと考えています。私は昨年の12月議会における、みどり新税に対する反対討論の中で、次のように訴えました。 来年(2009年)、間違いなく経済は相当厳しくなる。その厳しさは戦後最悪という声も聞こえているほどである。2009年がそういう1年になると分かっていな... 続きを読む

変わる地方議会

2007年の統一地方選挙を境に地方議会が急速に変わろうとしています。政務調査費の透明性が一気に高まり、費用弁償を廃止する議会も続出しています。 お金の問題にケリがつけば、次は議会のあり方。地方議会はこれまでもっぱら行政のチェック、監視という役割を担ってきました。地域社会が多様化しつつあり、政策立案、つまり条例制定についても積極的に地方議会が関与していこうというのが今の動きです。 よくマスコミなどは地方議会では議員提案による条例制定が国会における議員立法に比べて少ないと批判します。もちろん、間違いではありませんが、マスコミは勉強不足だと思います。なぜならば、国会には法制局がありますが、地方自治体にはそれに相当する部門がない、あるいはあっても貧弱なのです。ですから、立法するまでの... 続きを読む