トピックス

No.39 政令市初!私たちが提案した学校給食費条例が実現!! (2011年1月号)

2010年1月、私は仲間の議員と共に給食費を横浜市が集める、いわゆる給食費の公金化を目的とする条例を議員提案しました。紆余曲折ありましたが、このたび、無事に条例が可決となり、条例の中に給食費が明記される、政令市初の学校給食費条例が出来ました。学校給食費の公金化は今後、全国的な動きになっていく中で、横浜市が全国に先駆けて、しかも議員の提案によって実現できたことになります。本号では給食費条例の詳細と、裏面では開国博Y150について議論を報告します。   横浜市での給食費未納額は年間で約3000万円。対象者は1437人、未納者率は0.75%です。この未納金、実は横浜市が回収出来ません。なぜなら、学校給食費を集めているのは校長先生とPTAだから、です。地方自治法に照らし合わせた時、... 続きを読む

中学校で給食がない不思議

横浜市は中学校給食がありません。だから、みんな、お弁当を持参です。あるいはコンビニで菓子パンを買って登校する子どももたくさん、います。 夫婦共働きの家庭が増えていますから、中学校給食を横浜市も導入した方がよいのに、と思います。特にこの時期は体を作る大事な時期。だからこそ、食環境はしっかりと整えてあげたいと思います。少なくとも小学校で給食を実施しているのですから、中学校で実施しない理由はありません。 よく、この手の質問を議会でしますと、「お弁当はお母さんの愛情だ!(だから、お弁当のままでいいんだ)」というヤジが飛びます。私は中学校給食をお母さんの愛情の問題にすり替えてはいけないと思います。 全国的に見ますと、中学校給食の実施率は75%を超えています。神奈川県の自治体での実施率が... 続きを読む

中学校は給食?お弁当?それは愛情の問題?

横浜市は中学校給食がありません。横浜で育って人は「何を当たり前のこと」と思うかもしれませんが、それは当たり前ではありません。他の自治体では中学校給食を実施しているところがあります。学校給食法第4条に義務付けられています。学校給食には2つあり、1つは主食、牛乳、おかずを用意する完全給食。もう1つは学校が牛乳だけを用意し、生徒が弁当を持参するミルク給食。 最近の動向をみると、中学校における完全給食化に舵を切る事例が増えているように思います。例えば、北九州市は平成21年度から段階的に完全給食の実施を始めていますし、相模原市でも平成22年度から順次導入する予定です。 横浜市では、これまで中学校給食が議会の中で大きく取り上げられていないように思います。少なくとも、私が議員になってからの... 続きを読む