トピックス

ディスカバーリンクせとうちに見た「パブリック」

かねてから訪問したかったONOMICHI U2。ONOMICHI U2とは尾道駅(広島県)から徒歩1分のところにある、ホテルとレストラン、バー、カフェ、物販などの複合拠点で、3年前にオープンした瀬戸内エリアで、話題のスポットだ。今回、ディスカバーリンクせとうち 代表の出原昌直さんにお話を伺ってきました。   ONOMICHI U2はディスカバーリンクせとうちが手... 続きを読む

2006年9月・一般質問。

私は民進党横浜市会議員団を代表して、通告に従いまして、市長ならびに教育長に順次質問して参ります。   リオ・オリンピックが終わり、昨日よりパラリンピックが開幕しましたが、いよいよ4年後の2020年は東京オリンピック・パラリンピックです。かねてより申し上げてきましたが、2020年という年はその先の未来から振り返った時に、日本社会にとっても、横浜にとっても大きなター... 続きを読む

ハンブルク・フィンランドに見る、暮らしのつくり方〜海外視察報告

  2016年4月7日〜17日の行程で、ハンブルク、ヘルシンキを視察してきました。公金を使っての海外視察ですので、どんな問題意識をもって視察に臨んだのか、そこで何を見て、何を学んだのか、それは横浜市のこれからを考える上でどんなヒントを与えてくれたのか、それをしっかりと市民のみなさまのお伝えしなければいけないと思います。   すでに緑区内2カ所で、「ハンブルク・フ... 続きを読む

時代の変化に適応した人材の育成を〜予算代表質問part5

本日は縷々、各項目について質問して参りましたが、新しい公民連携の推進も、関内周辺のまちづくりも、京浜臨海部再編整備マスタープランの改定も、市職員には新しい、柔軟な発想が求められています。公民連携の分野がまさに顕著ですが、国の監督省庁は相当に柔軟に規制緩和を進めているのに、受け手の自治体サイドがこうした動きについていけてないのが現状です。新しい手法、発想、アイデアで課題を解決していく力を備えた職員の育成が非常に重要と考えます。   Q1:積極果敢に様々な課題に取り組むことのできる職員の育成について伺います。

昨日の雪から社会の生産性を考える

昨日の雪で首都圏の交通機関は軒並み、麻痺をした。一般的に想起される災害と異なり、雪のニュースは一過性のものとして「消費されておしまい」が世の常だが、実は非常に重要なポイントだと思う。   私は昨日の朝、facebookに1つの書き込みをした。書き込んだ内容をそのまま、ここに記載したい。「雪の時に社会の機能が不全とまでいかなくても、平時のように動かなくなるのを見て... 続きを読む