トピックス

リノベーションによる都市再生の潮流と、横浜の都市計画のこれから。

2015年5月に出版された「リノベーションの新潮流」(学芸出版社)。リノベーションの新潮流ではニューヨークやロンドン、マンチェスター、バルセロナ、アムステルダム、ベルリンと欧米を中心に、世界の諸都市におけるリノベーションによる都市空間の再生事例が紹介されている。この本を著者である、近代建... 続きを読む

【会派視察】山下ふ頭のこれから。

8月7日、会派で山下ふ頭の視察を行いました。山下ふ頭は昭和28年から昭和38年にかけて埋め立てられ、現在のコンテナ物流時代がやってくるまでは横浜港における港湾行政の中心地でした。広さは47ha。南本牧ふ頭に今後、機能を移すことで、この47haの土地をどう活用するか、これから横浜市としても考えていかなければなりません。   今、横浜市では山下ふ頭の再開発を始めよう... 続きを読む

政党を越え、地域を越えたリノベーションまちづくり勉強会@雑司が谷

昨日は、らいおん建築事務所の嶋田洋平さんに講師をお願いして、リノベーションまちづくりの政策勉強会を開催しました。春の統一地方選挙が終わって、私が普段から親しくさせて頂いている、民主党の鈴木けんぽう渋谷区議と高山泰三文京区議と意見交換する中で、「政党を超えて、地域を超えて、共通に取り組める政策テーマをともに研鑽しよう」ということになって、実現したのが今回の勉強会で... 続きを読む

公民連携プロフェッショナル、開校

このたび、東北芸術工科大学の公民連携プロフェッショナルスクールに入校しました。東北芸術工科大学は日本初の公設民営方式で開校した大学。その東北芸術工科大学と、戦略的都市戦略と公民連携事業で先駆的な取り組みを実践してきた「一般社団法人公民連携事業機構」が行うプログラムが「公民連携プロフェッショナルスクール」です。  

公共空間に関わる、ということ。

ヨコハマ創造都市センター、通称YCCが指定管理者が変わり、この7月にいよいよグランド・オープンします。YCCは旧第一銀行横浜支店、その後は横浜銀行本館別館として使用されていた建物を横浜市の創造都市戦略の一環して移築復元して使用している建物です。   今回、YCCの指定管理者が変わることで、1Fがカフェスペース、2Fがコワーキング、3Fにファブラボがやってきます。... 続きを読む