トピックス

対話を重視してリノベーションした氷見市新市庁舎

himifig1.JPG 金沢市の小中一貫英語教育に続いて、視察に訪問したのは富山県氷見市の新市庁舎。2014年5月に新しくオープンした氷見市新市庁舎は2つの点で注目しました。1つは既存の施設を用途変更(コンバージョン)し、空間を再設計(リノベーション)して誕生した庁舎ということ。もう1つはこれからの... 続きを読む

【欧州視察】民主主義の決定プロセスに注目、コペンハーゲン市地域委員会(後編)

cityhalletrance.jpgのサムネール画像 コペンハーゲン市の地域委員会が実際にどのように運営されているのかを報告したい。 委員会の具体的な役割は、市議会では審議しにくい、特定の地域、街全体に関わる都市計画を審議してもらう。市議会は地域委員... 続きを読む

【欧州視察】民主主義の決定プロセスに注目、コペンハーゲン市地域委員会(前編)

cityhalletrance.jpgのサムネール画像 視察第2日目はコペンハーゲン市庁舎を訪問し、地域委員会の取り組みについて話を伺い、意見交換をしてきた。地域委員会とは市民と議会を繋ぐ中間組織のことで、名古屋市が実施している地域委員会が近いイメージ... 続きを読む

新しい政策形成のあり方

予算総合審査で「新しい政策形成のあり方」について、市長と質疑をしました。このテーマは私としては確信を持っているテーマでもあります。今回は一問一答形式でもあったので、事前に原稿は用意していなかったので、動画を見て頂くのが一番いいかと思います。手元にメモが残っていますので、それをアップします。 テーマ:新しい政策形成のあり方について 今、政策形成のあり方が変わろうとしていると思っている。背景にあるのは、少子化、高齢化、それに伴う人口減少と税収の頭打ち。だから「あれも、これも」できない。一方で取り組むべき社会課題は複雑になっている。 同じ課題を抱えているはずの海外はどうしているんでしょう・・・・。 海外では、行政が単体でやり切れないから企業やNPOが少しずつリソースを出し合って行政... 続きを読む

議会をフューチャーセンターに

yokohamamap1.png 私がフューチャーセンターという言葉を知ってから、まだ1年足らず。「議論ではなく、対話の場がフューチャーセンター」と聞いて、私が探していたものはこれだと直感した。結論重視、結果重視、成果重視が議論だとすれば、フューチャーセンターは納得重視、相互理解重視、相互変容... 続きを読む