トピックス

【動画で分かる!】これからの「待機児童対策」のポイント“地域の公共空間にお母さんたちがちょっと働ける場所をつくる”

これからの「待機児童対策」のポイント “地域の公共空間にお母さんたちがちょっと働ける場所をつくる”   <テキスト>今日は「待機児童対策」についてお話いたします。 横浜の待機児童対策は、現職の林市長が2期8年のあいだに尽力されてきたことについて、私は評価しています。ただ問題は「待機児童数」に関して国の算定基準が明確に示されたなかで、実は横浜市では本当の意味での待機児童数が3,000人を超えていると言われています。