トピックス

緊急号~東関東大震災をうけて~

  • 2011年04月20日
3月11日に発生した東北関東大震災に対して、横浜市はどういう対応をしているのか。伊藤さんは議員として、どういう活動をしているのか、という問い合わせを多数頂きましたので、ここに簡潔にご報告させて頂きます。 また、あの日の混乱の中で、みなさまが感じたこと、気付いたこと、教えて下さい。みなさまの声を市政に届け、政策に反映させていくのが私たち市会議員の役割です。   3月11日に発生した東北関東大震災に対して、横浜市はどういう対応をしているのか。伊藤さんは議員として、どういう活動をしているのか、という問い合わせを多数頂きましたので、ここに簡潔にご報告させて頂きます。   また、あの日の混乱の中で、みなさまが感じたこと、気付いたこと、教えて下さい。みなさまの声を市政に届け、政策に反映... 続きを読む

No.41 4年間を振り返って(2011年3月号)

  • 2011年04月20日
毎月1回、発行してきた市政レポートも数えれば40号を超えました。この4年間で、「いつ」「どんな」情報をお届けしてきたのか、振り返ってみようと思います。私のホームページ(http://hiro-han.net/blog_archive/4)でも公開しています。   ◇2007年 No.1 タバコぽい捨て条例(2007年創刊号)   「タバコの吸い殻を路上に捨てない」という当たり前の問題、モラルの問題を条例で縛るか否かが問われました。私はモラルを法律で規制すべきではないとの立場ですが、路上喫煙の問題は看過できない問題でもありましたので、条例には賛成しました。 ◇2008年 No.7 横浜市救急条例(2008年1月号) 救急車の到着時間の短縮を目的とし、119番のシステムを大幅に... 続きを読む

No.40 お母さんたちは中学校給食を望んでいるのに・・・ (2011年2月号)

努力規定とはいえ、法律で定められている中学校給食。全国で80%以上の国公立中学校で実施されている中学校給食。殆どのお母さんが望んでいる中学校給食。なぜ、横浜市では中学校給食がないのでしょうか。コスト面でも、財政負担を抑えながら実施できる給食方式も存在する中で、横浜市が中学校給食を実施しないのはおかしいと思いませんか?   中学校に進学する際に、町田市に越境できないかしら?」。緑区内の小学校にお子さんを通わせているお母さん達から聞いた言葉です。お母さん達の間で、冗談とはいえ、こういう会話がしょっちゅう飛び交うと聞きます。   学校給食法第四条。「義務教育諸学校の設置者は、学校給食が実施されるよう努めなければならない」。法律で給食は実施するように定められています。 全国ではどう... 続きを読む

No.39 開国博Y150、市税から赤字補てん、問われる議会の責任(2011年1月号)

「賛成、少数。よって動議は否決されました」---。2010年12月16日、横浜市議会で、私たち無所属クラブが提案した補正予算の修正動議は否決された。続いて、横浜市が上程していたY150への赤字補てんを盛り込んだ補正予算の採決となり、議会はこれを認めた。Y150の赤字25億円のうち、12億6600万円を市税から補てんすることが決まった瞬間だった。   今日の横浜の発展は開港150年の歴史そのものと言っていい。関東大震災を乗り越え、太平洋戦争とその後の米軍による接収を乗り越え、今の横浜がある。開港150周年はそれを再確認する機会だったし、そこに異論をはさむ余地はない。   しかし。節目を祝うことと、そのお祝いにお金をいくら使うのか、その2つは厳しく峻別しなければいけない。果たし... 続きを読む

No.39 政令市初!私たちが提案した学校給食費条例が実現!! (2011年1月号)

2010年1月、私は仲間の議員と共に給食費を横浜市が集める、いわゆる給食費の公金化を目的とする条例を議員提案しました。紆余曲折ありましたが、このたび、無事に条例が可決となり、条例の中に給食費が明記される、政令市初の学校給食費条例が出来ました。学校給食費の公金化は今後、全国的な動きになっていく中で、横浜市が全国に先駆けて、しかも議員の提案によって実現できたことになります。本号では給食費条例の詳細と、裏面では開国博Y150について議論を報告します。   横浜市での給食費未納額は年間で約3000万円。対象者は1437人、未納者率は0.75%です。この未納金、実は横浜市が回収出来ません。なぜなら、学校給食費を集めているのは校長先生とPTAだから、です。地方自治法に照らし合わせた時、... 続きを読む