トピックス

【動画で分かる!】これからの「待機児童対策」のポイント“地域の公共空間にお母さんたちがちょっと働ける場所をつくる”

これからの「待機児童対策」のポイント “地域の公共空間にお母さんたちがちょっと働ける場所をつくる”   <テキスト>今日は「待機児童対策」についてお話いたします。 横浜の待機児童対策は、現職の林市長が2期8年のあいだに尽力されてきたことについて、私は評価しています。ただ問題は「待機児童数」に関して国の算定基準が明確に示されたなかで、実は横浜市では本当の意味での待機児童数が3,000人を超えていると言われています。

横浜市長選2017政策集「主要政策」

伊藤ひろたかの政策案.pdf 1.これからの横浜を支える子育て支援・公教育の学力向上   ~教育・子育て~

横浜市長選2017政策集「4つの柱」

伊藤ひろたかの政策案.pdf 1.これからの横浜を支える子育て支援・公教育の学力向上   ~教育・子育て~

横浜市長選2017政策集「問題意識」

伊藤ひろたかの政策案.pdf 今、横浜に必要なことは総合的な新しい魅力を創り出す戦略です。東京のベッドタウンとして成長を遂げてきた横浜市ですが、都心の不動産価格の下落、共働き世帯の増加などと相まって、東京都心回帰が進行しています。個人市民税に強く依存する横浜市にとって、現役世代の人口流出や、高齢化は今後、負のスパイラルに突入しかねない、大きな岐路に立っていると言えるでしょう。今一度、横浜市を正のスパイラルにもっ... 続きを読む

横浜にカジノって発想がダサくない?

僕自身はカジノは横浜に要らないと思うーーー。   議員になって10年。もともとは国政志望だったが、気づけば現場のある横浜市議会議員に面白さを感じてきました。初当選したのが2007年。その年の7月には双子の子供が生まれました。僕自身は父が転勤族だったため、小学校を3つも経験し、「実家はあるけど、故郷がない」。故郷への渇望感は人一倍強い。当選した直後は「日本の、横浜... 続きを読む