トピックス

ビア・パーティー開催

  • 2016年09月03日
先週、後援会主催でビア・パーティーを開催しました。議員のイベントって、すごく敷居が高く感じる方がほとんどだと思います。このコミュニケーションのギャップに悩み続けている10年間です。そういう中でも、比較的、私のイベントはフランクではないかと思います。   もう少し30代、40代、50代の... 続きを読む

ハンブルク・フィンランドに見る、暮らしのつくり方〜海外視察報告

  2016年4月7日〜17日の行程で、ハンブルク、ヘルシンキを視察してきました。公金を使っての海外視察ですので、どんな問題意識をもって視察に臨んだのか、そこで何を見て、何を学んだのか、それは横浜市のこれからを考える上でどんなヒントを与えてくれたのか、それをしっかりと市民のみなさまのお伝えしなければいけないと思います。   すでに緑区内2カ所で、「ハンブルク・フ... 続きを読む

三渓園の大規模改修、財源をどうするか

  • 2016年03月31日
昨日は三渓園を視察。ここは生糸商として横浜経済を支えた原三溪が整備した庭園。国の重要指定文化財も多く、春は桜、夏は蛍、秋は紅葉、冬には降雪と、季節を問わず楽しめる庭園です。   明治維新のころ、欧米へ追いつくことばかりに日本が目を奪われていた中、日本の文化を忘れてはいけないとの思いから、原三溪が日本各地の建造物をここ、三渓園に移築し、保存して現在に至っています。... 続きを読む

横浜市立南高校附属中の成果著しい英語教育を全市展開できないか〜予算代表質問part6

サイエンスフロンティア高校については開校当初のメディア戦略などを陰ながら応援させて頂いたこともあり、私個人としても大変思い入れのある学校でありますが、このほど東京大学のA... 続きを読む

時代の変化に適応した人材の育成を〜予算代表質問part5

本日は縷々、各項目について質問して参りましたが、新しい公民連携の推進も、関内周辺のまちづくりも、京浜臨海部再編整備マスタープランの改定も、市職員には新しい、柔軟な発想が求められています。公民連携の分野がまさに顕著ですが、国の監督省庁は相当に柔軟に規制緩和を進めているのに、受け手の自治体サイドがこうした動きについていけてないのが現状です。新しい手法、発想、アイデアで課題を解決していく力を備えた職員の育成が非常に重要と考えます。   Q1:積極果敢に様々な課題に取り組むことのできる職員の育成について伺います。