トピックス

横浜ならではのライフスタルを提案できるか

東京で働いて、東京で消費する。横浜は住む場所。もっと厳密にいえば、寝るために帰ってくる場所。横浜は東京のベッドタウンとして長らく首都圏ではトップの椅子に座り続けてきた。 この延長線上に未来を描くと、横浜市北部の東急田園都市線沿線あるいは東横線沿線の、まだ人口が増えるとされているエリアですら、20年く... 続きを読む

1%の確率と100個のボール

僕は今年、イセザキモールの入り口に、アーティスト・クリエイターの活動支援拠点「THE CAVE」を始めました。自分でこういう拠点を立ち上げていながら、ここが横浜の芸術シーンをガラッと変えるとは思っていません。こんなことを書くと仲間に怒られるかもしれないけど、実はそう思っています。ガラッと変えることはないかもしれないけど、芸術を支えるという意味を変える、大きなピンにはなるだろうと思って、リスクを負って、事業を始めま... 続きを読む

写真で見るONOMICHI U2、SHARE、湊のやど、デニムプロジェクト

ONOMICHI U2にあるベーカリー。美味しそうなパンが並んでいました。... 続きを読む

ディスカバーリンクせとうちに見た「パブリック」

かねてから訪問したかったONOMICHI U2。ONOMICHI U2とは尾道駅(広島県)から徒歩1分のところにある、ホテルとレストラン、バー、カフェ、物販などの複合拠点で、3年前にオープンした瀬戸内エリアで、話題のスポットだ。今回、ディスカバーリンクせとうち 代表の出原昌直さんにお話を伺ってきました。   ONOMICHI U2はディスカバーリンクせとうちが手... 続きを読む

東横線跡地、歩いてきました。

以前から気になっている東横線跡地。みなとみらい線の完成とともに、東急東横線の桜木町駅は廃止となり、横浜・桜木町駅間の線路跡が今なお、残っています。横浜市では平成34年度の完成を一つの目標に、この東横線跡地を歩道として整備する計画です。基本設計を都市整備局、実施設計を道路局という形で進めようとしているところ。   東横線跡地はかつてたくさんの人を輸送したところ。多くの人の思い出も詰まった場所です。だから、私はここ、東横線跡地の整備は横浜にとって非常に大切な事業だと考えています。かねてより、東横線跡地は実際に歩いてみたいと思っており、先日、都市整備局、道路局にお願いをして、現地を案内してもらいました。   今回は、写真で東横線跡地を紹介したいと思います。簡単に概要を。東横線跡地は... 続きを読む