トピックス

横浜市の昼間人口の流出、何によって解決するか

  • 2017年05月04日
まだ平成27年の国勢調査データが発表されていないので、ちょっと古い、平成22年のデータしかないのだけれど。   この時から7年が経って、どうなっているでしょうね?川崎への流出人口(通勤、通学で昼間に横浜を離れる人の数)は増えているような気がします。  

稼ぐ公共は財政的なインパクトはない、は本当か?

公共空間の有効活用について、1件1件の案件は大して大きくなく、それほど財政効果は見込めないのではないか、という質問を寄せられることがある。  

【NY視察】マディソンスクエアとユニオンスクエア

ニューヨーク視察第2日目は、マディソンスクエアから。この日は朝から結構激しめの雨。最初はマディソンスクエアに。ここは、ブライアントパークやタイムズスクエアのBIDのような規模ではないものの、周辺のエリア価値を高めた公園。その証拠に公園の目の前にある商業ビルの1Fは、客単価の高いテナントが入ったそうです。

【NY視察】公開空地にも賑わいを

ニューヨークの公共空間で特徴的な取り組みが公開空地。PRIVATE OWNED PUBLIC SPACE、通称POPSと呼び、私有の公共空間のことを言います。日本の公開空地によく似ています。写真はロックフェラーセンターの前にあるPOPSです。