トピックス

昨日の雪から社会の生産性を考える

昨日の雪で首都圏の交通機関は軒並み、麻痺をした。一般的に想起される災害と異なり、雪のニュースは一過性のものとして「消費されておしまい」が世の常だが、実は非常に重要なポイントだと思う。   私は昨日の朝、facebookに1つの書き込みをした。書き込んだ内容をそのまま、ここに記載したい。「雪の時に社会の機能が不全とまでいかなくても、平時のように動かなくなるのを見て... 続きを読む

DeNAベイスターズは関内のエリア再生の主役になるのではないか

2016年夏、横浜・関内にスポーツとクリエイティブをキーワードとした一つの拠点が誕生する。旧関東財務局をリノベーションした、カフェとシェアオフィスなどの複合施設である。事業主体はDeNAベイスターズ。2020年、関内から市役所がなくなることが明確になった今、このエリアのまちづくり、エリア再生の主役はDeNAベイスターズになるのではないか、そんな可能性も出てくると... 続きを読む

人材育成の視点から職員の海外視察体制の充実を

  • 2015年12月27日
私は今の横浜市の人材育成のあり方に大いに不満がある。みんなの党時代から公務員制度改革を訴えてきたので、意外に思われるかもしれないが、公務員制度改革の真髄は「働きに見合った給与制度の導入」にあると私は考えている。世界のTOKYOに隣接し、TOKYOの巨大な経済圏にあって、空と海と物流の要所にある横浜。その横浜の行政組織を担う優秀な行政マンの存在は不可欠である。しか... 続きを読む

横浜市ならではテレワークのかたちを提案したい

今、社会は働き方に多様性を求められています。この20年を振り返っても、フレックス制度の導入や育児休暇制度、介護休暇制度など少しずつかもしれませんが、働き方は変わってきました。そして、これから大きな問題になっていくのが働き盛りの40代が直面するダブルケア。ダブルケアとは、親の介護と、子育てが両方いっぺんにやってくる状態のことで、非常に負担が大き... 続きを読む

横浜市の心肺機能停止による救急出場件数

  • 2015年12月16日
先日、仲間の宮瀬都議が都議会において、「24時間使えるAEDをもっと配置すべきではないか」という提案を行いました。なんでも、東京都では一年間に心肺停止状態で救急搬送される人が約1万2000人いるとのこと。そういえば、横浜市はどうなっているでしょうか。   早速、消防局救急課に確認してみました。すると... 続きを読む