トピックス

横浜ならではのライフスタルを提案できるか

東京で働いて、東京で消費する。横浜は住む場所。もっと厳密にいえば、寝るために帰ってくる場所。横浜は東京のベッドタウンとして長らく首都圏ではトップの椅子に座り続けてきた。 この延長線上に未来を描くと、横浜市北部の東急田園都市線沿線あるいは東横線沿線の、まだ人口が増えるとされているエリアですら、20年く... 続きを読む

1%の確率と100個のボール

僕は今年、イセザキモールの入り口に、アーティスト・クリエイターの活動支援拠点「THE CAVE」を始めました。自分でこういう拠点を立ち上げていながら、ここが横浜の芸術シーンをガラッと変えるとは思っていません。こんなことを書くと仲間に怒られるかもしれないけど、実はそう思っています。ガラッと変えることはないかもしれないけど、芸術を支えるという意味を変える、大きなピンにはなるだろうと思って、リスクを負って、事業を始めま... 続きを読む

写真で見るONOMICHI U2、SHARE、湊のやど、デニムプロジェクト

ONOMICHI U2にあるベーカリー。美味しそうなパンが並んでいました。... 続きを読む

ディスカバーリンクせとうちに見た「パブリック」

かねてから訪問したかったONOMICHI U2。ONOMICHI U2とは尾道駅(広島県)から徒歩1分のところにある、ホテルとレストラン、バー、カフェ、物販などの複合拠点で、3年前にオープンした瀬戸内エリアで、話題のスポットだ。今回、ディスカバーリンクせとうち 代表の出原昌直さんにお話を伺ってきました。  

話題てんこ盛りの第3回市会定例会、タウンミーティング、開催します。

  • 2016年11月08日
2016年11月号市政レポート.pdf   第3回市会定例会は非常に話題の豊富な議会でした。私自身も一般質問に登壇し、「社会の質的な転換期に果たす行政の役割とは何か」という問いを立てました。障害のある人もない人も、高齢者も子育て中のママもすべての人がストレスを感じない社会のあり方、住む場所としての横浜の魅力の打ち出し方、公共空間の有効活用、学校... 続きを読む